ライスフォースが合わないのはなぜ?考えられる理由と対策

ライスフォースが合わないのはどんな原因があると思いますか。海外のスパなどでも導入されている人気のライスフォース、肌トラブルを招く乾燥を根本から改善する薬用のスキンケアシリーズとして人気があります。

どんな肌タイプにも使用できるはずなのですが、稀に口コミでは肌に合わないという評価もあるようです。そこで少し気になるライスフォースが合わない理由や対策についてご説明したいと思います。

ライスフォースが合わない理由について

ライスフォースが合わないという評価は、刺激・保湿・肌との相性が口コミで寄せられることがあります。まず刺激を感じるケースですが、ライスフォースには刺激成分は含まれていませんので、お使いになる肌コンディションが弱くなっている場合、ほかの化粧品との併用で刺激が加わることが考えられます。

保湿効果が不足するのでライスフォースが合わないという場合は、長期的に使用していない理由が考えられます。バリア機能を強化して水分保持機能を改善することがライスフォースの目的のひとつ。そのためには肌のターンオーバーのサイクルに合わせて長く使うことが必要です。また目安よりも少ない使用量でのご使用も保湿効果が実感できない理由かもしれませんね。

肌との相性はテクスチャーがべたつくなど使用感が好みでないというケースがあります。化粧品はどれも配合成分が異なり肌環境とのバランスにより、期待した使用感が得られないこともありますが、この場合も継続使用すると肌と成分が馴染み使いやすく感じると思いますよ。

ライスフォースがもし肌に合わない場合はどうするべき?

もし肌に合わない場合、刺激やひりひりなどの不快感を感じる場合はすぐに使用に中止してください。敏感肌の場合ははじめてご使用になる際にトラブルのリスクがまったくないわけではありません。そんな方にはリニューアルして新登場したライスフォース30日セットがオススメです。

先着1万名限定販売、いまならワンランク上のクリームがプレゼント。定期購入なら30日間以内は全額返金してもらえるので、ライスフォースが合わない可能性がある人でも安心です。

セットには人気の化粧水をはじめ、美容液と保湿クリーム3点がセット。定期便は回数の縛りもないのでいつでも休止、変更が可能で大変お得ですよ。

\うるおい満足度:95%/

ライスフォースの公式サイトへ

医薬部外品

ライスフォースの安全へのこだわりについて

ライスフォースは医薬部外品の薬用化粧品。肌の水分保持機能を改善するお米の成分が配合され、肌の内側からうるおい肌を導く人気商品です。バリア機能を回復させるために刺激を極力減らした無添加化粧品で、弱酸性・動物性原料不使用・無香料・無着色・石油系界面活性剤不使用と安全性にこだわりを持っています。

さらにお米成分を使用しているのでアレルギーテストも徹底して行っています。しかしすべての人に刺激やアレルギーがないというわけではありませんので、不安な方は使用前にパッチテストをオススメします。

まとめ

はじめて使う方はライスフォースが合わない不安があるのは当然です。お試しセットは1か月間たっぷり使えるので肌との相性、保湿効果、そして刺激など、気になる項目はすべてチェックできますね。もちろんコスパも長く使用するためには大切な判断ポイントなので、お得な定期コースがなにかとメリットになるでしょう。

コメントは受け付けていません。